椎間板ヘルニア


ヘルニアと診断され、手術が必要だと言われた方へ

「手術した方がいいと言われたが、本当に治るか分からず、手術するか迷っている。」

「手術日が決まっているが、実は手術するか迷っている。」

実際の所、本当に自分のヘルニアは手術は必要なのか心配ですよね?

手術をせずに改善する方法を調べていると、この記事にたどり着いたと思います。

結論として手術は90パーセント必要ありません。

今回の記事でわかること。

ヘルニアの手術が必要ない理由
手術が必要なケースとは?
手術を受けずに改善する方法

ヘルニアの手術が不要な理由3つ


ヘルニアの手術は余程の場合でない限り不要です。
不要な理由を解説していきますね!

①ゆがみを正せば痛みや痺れの不調が改善できるから

後ほど詳しく解説しますが、ゆがみを正せばシビレ・痛み等の不調は改善されます。
なぜなら、ヘルニア自体がが痺れ・痛みの原因ではないからです。

詳しくはこちらをご覧ください。

②手術後に再発するリスクがあるから

手術をしてヘルニアを取り除けば、一時的に痛み・シビレはおさまります。
しかし、時が経つと手術前と同じように、ヘルニアができて痛みが再発するリスクがあります。

つまり、手術をしても根本的な解決にはなりません。
ヘルニアになった原因を探し、なぜ痛み・不調が出ていないのか向き合う必要があります。

③必ず改善する保証がないから

手術をすれば、必ず痛みや不調が改善されるとお医者さんは伝えません。
実際に私は多くの手術された方を見てきまたが、症状が改善されない方も多くおられました。

以上の事からヘルニアが、痛みや不調の直接的な原因ではないという事が考えられます。

しかし、全てのヘルニアの方が手術が不要ではありません。
おおよそ10%の方は手術が必要な場合もあります。

手術が必要な場合2つ


90%手術は必要ありません。
しかし、残りの10%に当てはまる方は手術が必要になります。

①腰や足に麻痺がある

自分や自分以外の人が足の感覚があるか触った際に感覚がない場合、椎間板が神経を完全に圧迫しています。
多少触られた感覚があれば手術の必要はありません。

しかし、感覚がない場合、手術で神経を圧迫している椎間板を取り除く必要があります。

②排尿・排便障害がある

神経が圧迫され、神経麻痺を起こし、膀胱直腸障害になった場合は手術が必要です。

椎間板ヘルニアとは何?

椎間板は、骨同士にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を果たします。

ヘルニアとは、ラテン語で「飛び出る」という意味です。
本来ある臓器が、正しい場所から逸脱する(飛び出す)状態です。
脱腸や出べそも同じくヘルニア(飛び出す)という事です。

つまり、椎間板というクッションがあるべき場所から逸脱して神経を圧迫しているという事です。

ヘルニアだとどんな症状が出る?

  • お尻やふくらはぎがジンジンして痛い
  • 外出して出歩くと腰が回がダルイ
  • 寝ている時も痛みで寝れない
  • お尻や足にシビレが出てしまっている
  • シビレがあって歩くのも走るのも辛い

このような痛み・シビレが出るようになって病院で検査を受けると椎間板ヘルニアと診断された。

病院で行われるヘルニアの治療法3つ

①痛み止め薬を飲む


痛みを抑えるために、薬を処方されます。
最初は副作用が少なく頭痛薬にも用いられる「ロキソニン」を処方されます。

その後、痛みが引かず効果が芳しくなければ、効き目が強くなる「リリカ」が処方されます。

それでも効果がなければ、更に強い効き目がある「ボルタレン」を処方されるという流れが多いです。
薬の副作用で胃が荒れる場合があるので、胃薬も一緒に処方されるのが一般的です。

②マッサージ・牽引する


①腰回りの筋肉が硬くなっているのでマッサージをして硬さを取ります。
②ストレッチや牽引で圧迫している椎間板にアプローチして、痛みの神経に当たらない様にする目的です。

しかし、マッサージ・牽引では根本的な治療にはなりません。
余計に痛くなる方が圧倒的に多いです。

③手術する


①と②の治療法で症状が改善しない場合、飛び出ている椎間板を取り除きます。
手術を受ける人の状態によりますが、入院が約3週間・リハビリに2ヶ月かかります。
入院する場合、学校や会社を休むので、あくまでも手術は痛みが強い最終手段にされることをお勧めします。

ここからは一般的に知られていないヘルニアの真実について解説します。

ヘルニアが痛みやシビレの直接的な原因ではない

医学の世界では、飛び出したヘルニアが神経を圧迫して痛みやシビレが出ると考えられてきました。
しかし、ヘルニアが飛び出しているだけでは、痛み・痺れは出ません。

■ためしてガッテン 2011年11月16日 「驚異の回復!腰の痛み」より

ヘルニアを切除して神経の圧迫が無くなったのに、痛みが消えない人やヘルニアがあるのに痛みがない人が続々とみつかりました。これはヘルニアが痛みシビレの原因ではなく、実は他の原因がありうることを示しています。「ヘルニアがある=痛い」とは限らず、今までの「ヘルニア犯人説」は必ずしも当てはまらないことが、明らかになってきました。→参考 http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20111116/index.html

■1995年、カナダBoosらの研究 vlovo賞受賞論文

ヘルニアと診断された腰痛のある患者さん46名と、年齢・性別・職業などを一致させた腰に痛みのない健康な人46人のMRIを撮り、研究内容の知らない医師2人に画像診断してもらうという実験を行う。その結果、痛みのない健康な人の76%にヘルニアが見つかりました。痛みのない健康な人の4人に3人がヘルニアを持っていました。つまりヘルニアがあっても、痛みシビレが生じていないことがあるとわかりました。

痛みやシビレはどうすれば改善する?

体のゆがみを根本から整えると痛み・シビレは改善します。。

痛み・シビレが出ている状態は常に患部に炎症が起きている状態です。
炎症が収まれば、症状は改善します。

炎症が起きている原因は何?

ゆがみ・捻れがあると腰回りの筋肉や骨に不均等な圧がかかります。
圧力が骨と骨のクッションの役割をする椎間板に過度のストレスがかかり炎症が起きます。

炎症が起きた結果、痛み・痺れの不調を作ります。

根本的原因を解決するには炎症を抑える必要がある。

炎症を起こす原因である体のゆがみを整える必要がある。




手術を勧められたヘルニアの痛みが改善! N.N様 50代男性
体験談営業のために、車で遠方まで行くことが多いのですが、腰に痛みを感じるようになりました。

我慢していたら痛みがひどくなってきて、1時間座っていられなくなり、運転も休み休みになり困りました。

とりあえず整形の先生に見てもらいにいったら、レントゲンでヘルニアが判明<。一瞬「手術か?」と脳をよぎりましたが、手術ではなく、痛み止めの薬と牽引治療で様子を見ることになりました。

手術ではなかったことにホッとしたのですが、牽引と痛み止めだとすぐに痛みが再発してしまうことの繰り返し。痛みがぶり返す時は、前よりひどいことが多くて、むしろ悪化している感じでした。

結局整形で手術を勧められたのですが、手術を受けるのだけは避けたかったので、ネットで何か対策を探して見つけたのがてアシスさんでした。

吉越先生に会いに行き相談すると、身体のゆがみのせいかもしれないとのことで、御世話になることにしました。

ホームページに書かれていたように、本当に何をしているかわからないソフトな施術で、やられた感はなかったのですが、施術後には写真でゆがみが整っているのがよくわかりました。

初回では痛みはそれほど変わらなかったのですが、2回目以降からかなり痛みが引いていきました。

運転できる時間も徐々に伸びていって、6回目を受けた後ぐらいから、前のように運転しても問題なくなっていました。

手術せずに腰の痛みがなくなったこともそうなのですが、結構な頭痛持ちだったのも気が付いたら良くなっていたのは驚きました。(しょっちゅう薬を飲んでいたのが、飲む回数激減)

あの時吉越先生を頼って本当に良かったと思います。

先生はとても優しくさわやかで頼りがいあるので、ヘルニアの人はぜひ見てもらってください。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

役に立つ

改善しない椎間板ヘルニア(と診断された痛みシビレ)を我慢して、今まで頑張ってきましたね。

ずっと痛みやシビレがあるのは、結局のところ原因が身体に残っているから。今受けている治療・施術では、その原因を見つけられないし、アプローチ出来なかったのでしょう。

椎間板ヘルニアというのは手術をしても良くならなかったり、再発してしまうので、なるべくなら手術せずに済ませたいですよね。

あなたの体にある原因は「ゆがみ」。そのゆがみを根本的に整えないといけないのです。

しかしテアシス滋賀湖南では、あなたに次の2つをお約束します。

  • 科学的アプローチでゆがみを見つける
  • ゆがみを無痛の施術で根本的に整える

痛みやシビレから解放されたい、再発しない身体に戻りたいとお考えなら、今すぐ当院にご連絡ください。

メッセージ

 

 

テアシス 湖南を選ぶ7つのメリット

メリット

①無痛の施術

当院は無痛の施術を行います。

痛くて動けない人でも安心して受けられます

整体などを受けて来た方は、強い揉み施術やバキボキをイメージされるかもしれませんが、それは一切ありません。

「何やってるんだろう」と思うぐらい柔らかな施術です。

横になれない人でも、椅子に座りながらできる・骨が弱っているご老人でも、お子さんでもOK!

②今ある不調だけでなく、再発しない身体を追求

当院のゆがみ直しは、一時しのぎではない再発しない身体を目的としています。

一時しのぎであれば薬でなんとかなります。
しかしあなたが本当に望んでいることは「不調のない状態でいつづける」ことではありませんか?

そのような根本的に整った身体を追求するための施術が、テアシスのゆがみなおしなのです。

③国家資格持ち施術者のみが担当

院長の吉越は、国家資格である柔道整復師を持っています。

柔道整復師のために、解剖学・生理学・衛生学など身体の仕組みに関して徹底して学んできました。

だから身体に負荷のない施術をすることができるのです。

④最初から最後まで私が責任持って施術します

施術をするのは院長で吉越のみ。

担当が変わらず、最初からずっと私があなたと向き合います。

あなたの体のクセや習慣を理解し、施術ごとの身体の変化をチェックすることで、1回1回の施術が、あなたに合ったオンリーワンの施術に磨かれて行きます。

あなたに特化したゆがみなおしをお約束します。

⑤丁寧にヒアリングすることで、隠れた原因を見つける

初回は約90分で、そのうち60分くらいをヒアリングと検査・説明に費やします。

あなた自身が隠れた原因を把握できるようにしますし、身体がどう変わったのかを体感できるようになっていただきます。

どんなときに症状が出るのか、どのような生活を送っているか、仕事はどんなものか、薬の服用は、手術経験の有無、過去のケガはなどなど。ざっくばらんに気になっていること・不安に感じることをまず吐き出してください。

そうすることで見えてくることがあります。

⑥ビフォーアフターを目で確認できる

当院では初回施術前のあなたの状態と、施術後の状態を写真に撮影して、どのように変わるかをチェックしていただきます。

身体の変化を目で見ることで、「身体は変わるんだ!」という希望を感じることが出来ます。

希望を感じれることは非常に重要で、前向きな気持ちが身体の変化を加速してくれます。

まずがあなた自身の身体で変化を実感しましょう。

⑦20時まで受付なので仕事帰りでも受けられる

お仕事が忙しくて、受けたくても受けられない・・・・ そういう忙しい方が多いのが現代社会です。

そんな方の為に平日の最終受付は20時。着替えもありますので、仕事帰りにゆがみを整えることが出来ます。

 受付は20時までとなっておりますが、予約を頂ければ20時以降も追加で対応させて頂きますので、どうぞご遠慮なく、お気軽にお問い合せ・ご予約ください。

また、時間外や休診日でも、対応できる場合もございますのでお気軽にお電話ください。

携帯電話に転送されます。出られない場合もございますが、その場合、折り返しご連絡させて頂きます。

あなたの痛みシビレは、なぜ変わらないのか?

坐骨神経痛

椎間板ヘルニアと診断された痛みシビレ、治療を受け続けても改善しない場合は、身体の根本に「ゆがみ」があります

ゆがみ

-身体の重心バランスが崩れる
-筋肉や筋膜に過剰な負荷がかかる
-痛み痺れが出る

 

椎間板ヘルニア、なぜ病院の治療で改善しない?

病院で治療を受け続けているのに、なぜ痛みシビレが治まらないのでしょうか?

病院の治療はケガ・炎症・骨折などには有効なのですが、身体のゆがみを整えることは出来ません。

マッサージ → 筋肉を柔らかくするのではなく、逆に硬くしてしまう
電気 → 少し血流を良くするだけ
牽引治療 → 体をよりゆがませてしまう
薬、痛み止め → 一時的に痛みをおさえるが、切れるとぶり返す

このように病院のアプローチ自体が身体のゆがみには合っていません。

だから身体はゆがみ続け、今なお痛みシビレで悩まされてしまっているのです。

当院だから出来る、身体の検査

わかる

テアシス滋賀湖南では、初回施術時のカウンセリングと検査に時間をかけることで、正確にあなたの体の状態を把握&ゆがみを見つけていきます。

チェック① カウンセリング

どんなときに症状がでるのか、どのような生活を送っているか、仕事はどんなものか、薬の服用は、手術経験の有無、過去のケガはなどなど細かく伺いつつ、あなたが感じている不安をお話いただくことで、身体をゆがませている要因を見つけていきます。

「20年前のケガが実は治っておらず、それが身体のゆがみに繋がっていた」のように、あなたが思いもよらないことが原因だったこともあります。

ざっくばらんにお話いただくことで、隠れた原因に近づくことが出来ます。

チェック② 解剖生理学に基づいた検査

身体を動かして、痛みが強くなるのか弱くなるのか、各関節などの可動域の動きはどうかを確認して、あなたの身体が「どのようにゆがんでいるのか」をチェックしていきます。

チェック③ ビフォーアフターの確認

初回時には、あなたに変化を時間していただきたいので、ゆがみがどのようになくなっていったかを見てわかるように、写真で前後を確認していただきます。

ゆがみがない状態を見ることで「自分が目指すべき身体」を理解することが出来ますし、変わることの希望を感じることで、身体の回復力も前向きになっていきます。

 

テアシス滋賀湖南の無痛のゆがみ直しとは

無痛の施術

 生活アドバイス&セルフケアの伝授

施術施術後にはあなたの身体をゆがませている可能性がある生活習慣をお伝えしてますので、ぜひ少しずつ変えていきましょう。

またあなたが出来るセルフケアもお教えします。これを継続するだけで、自分で状態を整えることもできます。

※写真は呼吸法をお教えしてるところ。呼吸を変えるだけで、回復力も変ってきます。

 

このような理想の生活・身体を取り戻しましょう

  • 痛みがないので眠れるし、眠れば痛みも疲れも取れる身体
  • 集中力が出てきて、仕事も家事もしっかりと終えられる
  • 腰がラクだから、子育てもツラくない。むしろ楽しい
  • 運動、スポーツに全力を出せる身体に
  • 行きたかった旅行に行ける!楽しめる!

結果

施術料金

初回施術 6,000円 約1時間30分
2回目以降 5,000円 30分前後
1週間以内の予約 4,000円 30分前後

※ 5回・10回15回 のお得な回数券制度もご用意しています。

※ 1ヵ月間の集中コースもございます。こちらはその日から1ヵ月間

  『何回受けていただいてもいいですよ。』というプランです。

 

初回はカウンセリング・検査・施術の説明を時間をかけて行います。

今、症状を抱えているあなたの身体がどういう状態なのか、徹底して検査をし確認させて頂き、ご説明いたします。

あなたの身体は、高級車やブランド物のバッグや精密機械と同じように、大切なお身体です。なので、丁寧に丁寧に検査をくり返し、状態を診させて頂く必要があります。そのため、時間がかかってしまいますがご理解、ご協力お願い致します。

また、お身体の状態(ゆがみ)や動きをご自身で確認頂くため、写真や動画を撮らせて頂くことがあります。こちらもご協力お願い致します。

椎間板ヘルニア(と診断されるほどの痛みシビレ)で悩むあなたは、どれくらいの回数を受ければ良いのか気になることでしょう。

あなたの身体の回復力・生活を変えられるかなどで、必要回数が変わってくるからです。あくまで参考回数をお話すると

目の前の痛みシビレ:5回-10回
再発しない身体に:+5回-10回
身体のメンテナンス:月に1回程度

これよりも多くなること・少なることがあることをご理解ください。

不調で悩むあなたに伝えたいこと

メッセージ
最後までご覧いただきありがとうございます。
いかがでしたか?
椎間板ヘルニアと診断されたからといって落ち込む必要はありません。
90パーセント手術する必要もありません。

なぜなら、ヘルニア=痛みやしびれではないケースが多いからです。

もしヘルニアと診断されたとします。
そこで治療といえば、牽引や電気、あとは湿布が一般的ですよね?

湿布でヘルニアが引っ込むと思いますか?それでも病院では当たり前のように湿布を出してくれます。

何のために??私は疑問でしかありません。

あと、こんな方もいらっしゃいます。
すごく腰が痛いから病院で検査を受けると『軽いヘルニアですね
・・・???おかしくないですか???

ヘルニアに重い・軽いがあって、それと症状が比例しないのです。

当院で、ゆがみを直した結果、痛みやしびれの症状がみるみる改善していく方が多くいらっしゃいます。

でもヘルニアを治したわけではありません。

もしあなたが、ヘルニアで困っているのなら手術も選択肢の一つかもしれませんが、
痛みやしびれの症状でお困りでしたら、私にお任せください。

手術をしようか迷っている方、牽引や電気治療を受けてても改善せず困っている方、不安や心配がありましたら、一度お話を聞かせてください。

あなたの症状の解決策がきっと見つかります。是非お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

住所〒520-3107 滋賀県湖南市石部東2丁目1-34
予約予約優先制とさせていただいております。予約時間の5分前までにお越しください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0748-69-5225
施術中は電話に出られないこともありますので、留守番電話に「お名前」と「お電話番号」を残しておいてください。こちらから折り返しお電話いたします。